ジャニーズ銀座2017*宇宙Sixありがとう②

Ho!サマー

おさわりタイムだよー!ってりょーちゃん。6人それぞれお客さんの近くに行ってにこにこ手を伸ばしてくれて、会場のみんながワクワクしてるのを感じたし、楽しい曲に合わせて明るい気持ちになれたよ。素敵な思い出をありがとう。

*Daylight
とってもとっても綺麗だった。この曲は、メロディも歌詞も綺麗で、儚さもあるのに強くて優しくて。広い宇宙の中にうまれた新しい6つの光が輝き始めて、未来に進んでいくような、ここから羽ばたいていくような、そんな感じ。

*ボニバタ

ここからは2人ずつのステージ。

*アイアイ傘
林くんと幸大くん。2人の声が綺麗に重なって素敵な時間だった。2人とも優しい歌い方してて、ハモりも綺麗だった。林くんが上ハモってるのかなって思ったけど、低い声も聴こえた気がするし、幸大くんもハモってたような。確実に聴き取れなかったから全然わからないけど、とにかく心地よかった。


江田さんと目黒くん。最年長、最年少コンビはここでも良いコンビ。かわいさもかっこよさもあり、会場も盛り上がっていた。


*Crazy Accel
やまりょと原ちゃん。もうね、この2人最高!がっつりやまりょ!って感じのパフォーマンスで激しく踊るんだけど、隣の原ちゃんも負けてなくて、むしろ相乗効果でめちゃくちゃかっこよくて。ステージ上をあっちこっちと軽やかに移動しながらガツガツ踊ってたと思うんだけど、本当に迫力満点で振り付けも2人にぴったりで、すっごいかっこよかった。なんかわからないけど羨ましいなとさえ思った。


*Steal your love
江田さん。バックにちらっと林くんいた…?公演終わりに残したわたしのiPhoneメモには「江田ソロ 林くん指の動きが綺麗」って下書きがあるんだけど…こう、手を前に伸ばして、開いた指を小指から1本ずつしまっていくみたいな、江田くんのうしろで滑らかな振り付けしてた林くんを覚えてるんだけど。この曲じゃなかったかな。幻覚なのかな…記憶が曖昧…
とにかく江田さんに合ってて良いなと思った曲!


*FORM
やまりょ。バックに林くん、江田さん、目黒くん。やまりょが白シャツで、バックで踊る林くんは対照的に黒シャツ。やまりょの方を見て、切ない表情で肩をポンってして去っていく林くん、美しかった。その表情をやまりょが見ていないという設定もまた良い。
やまりょの歌声もダンスも表現もかっこよくて、シンプルだけどストーリー性があって見入ってしまった。


*愛想曲
殺陣!和っぽい衣装で1人ずつ登場。林くんはセンターの階段上。使い終わって、たたんだ扇子をバッと投げ捨てて、階段を降りてくるんだけど、その捨て方がちょっと強めで、ドキッとした。ここ、すごく好き。
殺陣は、みんなステージいっぱい使って思いっきりやってるのに動きがスマートで綺麗。すごいなーって見ててワクワクした。見応えがありすぎて目が追いつかない。
今年の歌舞伎の時も何度も思ったけど、わたし林くんの殺陣姿もすごく好きだ。結局林くんが好きだ。


*Sakura
赤いスーツの衣装。これはもう、とってもとっても綺麗で感動した。宇宙SixがみせてくれたSakuraは、儚さも切なさも尊さも、これからの6人の未来への期待も感じられるような強さもあった。願い、夢、届くまで…巡り合わせ。桜がひらひらと舞い降りる中で歌う6人の姿が、とっても綺麗で、忘れられない。


*ひと夏の…
タオルぶんぶん回すやつ!この時、ステージの上のみんな、楽しそうで嬉しそうで、見てるだけで幸せなあったかい気持ち。一緒に盛り上がってー!って一生懸命にこっちを見ながら煽ってくれてるのが分かって、嬉しかったよ。


*Endless Summer
とってもとっても素敵な曲。本編ラストにもってきた宇宙Six ステキ、最高としか言えない。
ラップ部分を歌うやまりょと原ちゃんのまわりに、ほかのメンバーが集まって。ニコニコしながらぴょんぴょん跳ねたり、一緒にラップを口ずさんだりするの。林くんもとっても楽しそうだった。なんて幸せな空間なんだろう。

「いつか時が流れて 今が遠くなっても 
This Endless Summer 続いてくよ 
この気持ちを ずっと忘れない」

明るくてどこか切ないメロディに乗せて、こんな素敵な歌詞を歌う。終わっちゃうけど、寂しいけど、楽しくて、幸せで、忘れたくない。たしかにいま自分たちはここにいるんだなって思えたし、きっとこれからに繋がっていくんだと思った。


アンコール
幕が上がると、そこには赤いスーツを着て、1本の赤いバラを手に持って立つ6人の姿が。バラを持ったまま、優しく滑らかに踊り出す。
これも、もう一度見たいランキング堂々のベスト3に入ってくる曲である。
完全に林くんしか見れなかったからわからないけど、林くんは、ふわっと優しくてちょっとだけ照れくさそうだけど、真剣な表情で。林くんにぴったりな、素敵な曲だなって何度も思った。だって、すごく優しくてあったかい。えびさんありがとう。
「すぐに笑ったり~♪」のところは、本家のえびさんと同じで横にぴょんぴょん跳ねる振り付けで、ここがすっごくすっごくかわいかった。
後ろ向きに花を投げるのも、ブーケトスみたいできゅんとした。

「幸せになろう」

最後に林くんがそう歌っていた。
なんて、なんて幸せなのか。
この幸せをむだにしないよう、これからもがんばっていこうと誓った。


*Yes?No?
イントロから高まる気持ち。
手ぇ挙げろ!!!ラストだぞー!!!!
会場が一体となって最高潮の盛り上がりと終わりを告げる。

「みんなは宇宙Sixのもの!
宇宙Sixは みんなのもの!!!!!!」

最後に残ったのは終わってしまった感ではなく、満足感、充実感だった。とても不思議な感覚。1時間半という短い時間なのに、ぎゅっと詰め込まれた様々な要素がうまく組み立てられていて、今みたいものをすべて余すことなくみせてもらった。そんな感覚。
わたしはこのステージをみるために、今までジャニヲタをしてきたのかもしれない。大げさだけどそんなふうに思ったからびっくりした。

そして何より、宇宙Sixというグループを、たくさん教えてくれたような。知ったような。たしか江田さんが何かの雑誌で言っていた、名刺がわりのような、ライブだった。

超ど新規なわたしなので、なんていったらいいのかわからないけど。6人になったことの意味も、答えも、このステージに詰まっていたんじゃないかな。
だから、もっともっとたくさんのひとに見てもらいたいし、知ってもらえたらいいのにな。映像に残らないことが本当に残念だけど、自分の記憶に少しでも鮮明に残しておきたい。

林くんにとっても、宇宙Sixみんなにとっても、素敵な5公演だったらいいな。

わたしは暫定エイリアンレッドとして、これからも応援していきたいと心に誓う。


素敵な春の終わりと、夏の訪れとともに 
これからも6人のまわりに、笑顔がいっぱい咲きますように。


f:id:minnn_123:20170605161440j:plain